BLOGブログ

カテゴリー一覧

BMW 320クーペ 水漏れ修理

2020年02月19日 | カテゴリー:竜輔整備記録

BMWの320クーペ(E92)の水漏れ修理です。

とっても綺麗なクーペスタイルですね。

中身はよくある4気筒のN46エンジンです。

こちらのホース取り付け部分のプラスチックにクラックが入っての水漏れです。

外車はエンジンの水回りにプラスチックが日本車より積極的に使用されており、経年劣化でダメになりやすい印象です。

定期交換部品といっちゃそれまでですし、海外よりも圧倒的に温度変化の回数が多いのも原因の一旦かなとも思います。

取り外した部品です。

ついでにエンジンヘッドについてるVANOS(可変バルブタイミング)のソレノイドからもオイル漏れしてたのでついでに修復しときます。

昔、ソレノイドのストッパーを逆につけてしまってオイル漏れ、アイドル不調になった車があったことを思い出します。

イロイロと手直しをしてる車になりますが、やっぱり体感的に5年、7万km超えたあたりからトラブルが増えてくる印象ですね。

新車のうちのクオリティは目覚ましく進化してるなと思いますが、

年数たったり、距離走ったときの消耗品や定期交換部品、故障箇所はまだまだ国産と比べるとコストがかかる感じはします。

新車から2回目の車検までは保証もありますので購入ディーラーさんでメンテナンスされるのも良いと思います。

むしろせっかく高い金額だして車を買ってるんだから、バンバン不良箇所や気になるとこは無償で直してもらえる交渉をしてください。

そして5年の保証が終わってからは、どこで見ても有償での修理は変わりませんので社外品や修理方法などを柔軟に対応してくれる整備工場を見つけるのがコスト安く、安心して外車と長く付き合うコツです。

外車、国産問わずですが、メーカー保証期間が終わった車と上手に付き合いたい方は車検・修理のご依頼お待ちしています。

竜輔

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら