BLOGブログ

カテゴリー一覧

中古車販売について思うこと(スバル サンバー)

2020年03月05日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき

スバル サンバーさんの中古車販売をしました。

お客様がこの車が欲しいと他店在庫を指名してくださいまして、その店舗さんと交渉して譲って頂きました。

本当は自店で販売をしたほうが売上も上がるし、顧客としてその後もメンテナンス等の需要を確保しやすいので嫌がる店舗さんも多いです。

こうして譲っていただける店舗さんには感謝です。

では中古車屋さんで販売しているもの、しかも今回の場合で言うと買いにいける範囲のお店にあるのにそこで買わない理由はなんでしょうか?

お客さんのそれぞれの理由はありますが、一番多い理由で言っていただけるのが安心感です。

「やっぱりこれから乗る車を安心して乗りたいから、いつもお願いして信頼してる人にみてもらいたい」

ということを言ってくださる方もいます。

ありがたいはなしです。

また現実的にトラブル予防でご依頼される方もいらっしゃいます。

一部の中古車販売店には出来るだけ利益を確保するためにギリギリの内容の整備しかしない店舗もあります。

特に安価な価格帯の車はその傾向が強く、実際に修理に持ち込まれる車を見ても、もう少し処置を早めにしておけば安価に出来た修理もあったりします。

中古車屋さんには適正価格で良い本体を販売してもらう

整備屋さんで適切な整備を適正価格でしてもらう

そうすることで上手くやればコストも抑えながら、整備もしっかりとして安心して乗ることが出来ます。

軽研磨をしてコーティングをして仕上げました。ピカピカになり、まだまだ頑張ってくれそうです!

中古車というのは、どこまでいっても中古です。

新品ではありませんので、どんなトラブルがいつ発生するか分かりません。

新車であればメーカー保証がありますが、中古車には基本はありませんし、あっても保証がすることで少なからず販売店にとっては損失になります。

販売時に保険タイプの保証をつけるにしても掛け金分は販売価格があがってしまうため万人向けではありません。

それに保険タイプでも保険会社が、販売店の実費なら販売店が保証かどうかを判断します。

出来ることなら支払いたくない立場の人が、果たしてどこまでやってくれるでしょうか?

そうなってくると、結局は最後に頼れるかどうかは「人」だと思います。

中古を購入する場合は、何かあったときにこの人なら何とかしてくれる、この人なら大丈夫と思えるとこで買うことが幸せの秘訣かなと思います。

それと極論ですが、壊れるものくらいの心の余裕はあったほうが良いかもしれません。

良くも悪くもイロイロなモノの性能が向上してきて、それによって人間が求めるレベルも上がりすぎてしまったかもと最近思います。

何でも求めすぎると、それに答えるだけのコストがかかってきますし、それを値切れば必ず騙しにあいます。

もっと良い意味で緩く、人やモノを許容できるようになりたいもんです。

竜輔

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら