BLOGブログ

カテゴリー一覧

タント エアコン点検・室内温度比較(覚書)

2016年08月06日 | カテゴリー:竜輔整備記録

タント L350S  室内温度比較(覚書)

お客様ご依頼事項 「エアコンを使っても車内温度が下がらない。しばらく走っていると冷えるときもある」

車内温度比較

DSC_2970_R

 

外気温 36.4度

ボディ温度 A車(ボディ色 黒 依頼車) 77.6度 B車(ボディ色 青 比較用)66.9度 C車(ボディ色 白 比較用)51.8度

DSC_2971_R DSC_2972_R DSC_2973_R

温度計が1セットしかなかったため、冷却時間として5分以上置くものとする。

 

 

 

 

ケース① 内気循環 風量1 設定温度MAXクール

 

A車 室温30.2度 吹き出し温度 12.3度 (11:05)

DSC_2962_R DSC_2963_R

 

 

B車 室温27.9度 吹き出し温度 7.9度 (11:00)

DSC_2960_R DSC_2961_R

 

 

 

 

ケース② 内気循環 風量MAX 設定温度MAXクール

 

A車 室温32.0度 吹き出し温度 15.3度 (11:12)

DSC_2964_R DSC_2965_R

 

 

B車 室温28.3度 吹き出し温度 15.8度 (11:19)

DSC_2967_R DSC_2966_R

 

 

A車 室温27.5度 吹き出し温度 13.9度 (11:22

DSC_2968_R DSC_2969_R

 

 

ボディ色による影響も大きいのか、冷却に時間がかかる&能力が必要だと分かる。

冷却能力は目に見えての性能ダウンはなく、良好な状態である。風量に関しても比較車との遜色ない。

実際の感じ方として、室内温度が暑いという印象があるが、時間が経過すれば適温まで下がる。

外気温などの外部環境による影響も大きいと考えられる。

 

エアコンノ使用方法(オートの使い方、最初に窓を開けての換気、車内温度上昇抑止グッズ)などを案内。

エアコンサイクル内のクリーニングを念のために実施し、要経過観察とする。

 

大林竜輔

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら