BLOGブログ

カテゴリー一覧

シュミレーターと学科。 と、ある教官のお話し。  (2輪教習 第2段階)

2016年07月20日 | カテゴリー:2輪教習記録!

苦手なシュミレーターの時間、3時限目です。

またマンツーマン。今回も無理やり曲がってくる車や、死角からの飛び出しなどを予測しながら走ります。

 

そしてまた酔う(´-ω-`)

酔う以外は特に難しいこともなく、続いてDVDでの学科の時間に移ります…

 

2輪教習唯一の学科の時間。時代を感じるDVDを見ます。

内容は、2輪の二人乗りについてと、ATの乗り方について。

 

バイクの2人乗りって、免許取得から一年経過しないとできないんですよね(・▽・)

タンデムに憧れて免許取りに来たはいいものの、教習が始まってからこの事を知る人も結構多いみたいです。

この時間は教官と「うわーこの人スラロームめっちゃうまいね」「すごーい」などと言いながらひたすらDVDを観賞して終了。(・▽・)ぉぃぉぃ

 

 

ここからは完全に余談で、この日の教官のお話し…

 

今回はとっても独特で、バイクや車に全く興味がないという教官。

教育関係に興味があるとかで教官になったそうですが、教習所に採用された時も特にバイクや車の運転技術があったわけではなく、採用後に雑用をしながらめちゃくちゃ勉強と特訓をしたとのことです。

興味がないので自分のバイクも持っておらず…空き時間に教習生から、好きな車種や詳しい構造の話を聞かれたりすると困るんだとか(*´ω`;)

 

教習所の教官って大抵は車やバイクが好きで、もともと運転技術もそれなりに持っている人が採用されるのかと思いこんでいたのですが、採用されてから専門の国家資格を取るので教習所がお休みの日とかにコースで練習したりしているそうです。

あ、でも乗り物や走ることに興味がない教官はやっぱり珍しいみたいで、休憩時間には自分の車やツーリングの話をする人がほとんどみたいです。

 

教官にも色々な人がいて、なかなか面白いです…(´ω`*)

 

chizu

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら