BLOGブログ

カテゴリー一覧

整備車両記録

2020年10月06日 | カテゴリー:車両記録

トヨタ ランドクルーザー プラド

・バックドアロック 交換

・ヘッドライト交換

・車幅灯アッセンブリー交換

交換部品

ニッサン スカイライン

・エアーコンプレッサー交換

交換部品

 

 

 

 

 

 

ホンダ Dio

・駆動系修理

交換部品

 

 

 

 

 

ダイハツ コンテ

・車検整備

交換部品

整備車両記録

2020年10月02日 | カテゴリー:車両記録

 

カワサキ KLX250

中古車販売 納車整備

交換部品

 

 

 

 

 

ホンダ フィット

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

 

スズキ ジムニー

車検整備

 

 

 

 

 

 

ダイハツ エッセ

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

 

ホンダ ライフ

車検整備

交換部品

イイ整備士さんの見分け方(症状から予測する力)

2020年09月30日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき…

修理の故障探求のとき、成否を分ける能力が

「症状を正しく感じとる力」です。

これが欠けては故障探求の質は落ちてしまいます。

例えばこのハイゼットさんの場合、入庫理由は坂道で力がないでした。

試乗してみると確かに登りになると失速します。

文字にすると「失速」ですが、どんな失速なのか正しく感じとる力が必要となります。

アクセルを踏み込んでも?

どのギア位置でも?

加速つけてさしかかっても?

などなどシチュエーションを絞り込み、そしてどんな失速かを感じとります。

そうして体験した自分の引き出しから、一番近いフィーリングをチョイスするんです。

この引き出しに関してはうんと若い頃にイロイロな失敗をしてる数がモノを言います(笑)

その引き出しも安直にを開けるでなく、出来るだけデータ録り、出現条件の絞り込みをします。

そこまでして正しく感じとることができるかなと思います。

ここまで来れば負荷がかかったっときの点火系の失火だと予測できますから、後は検証していくのみです。

案の定、デスビのセンターコードが中で腐食して電流がリークしていました。

好みや相性の問題もありますが、

修理で納得いかない、原因が分からず再修理になるなどで困っている人は整備士さん選びの参考にしてみてください。

失敗は誰しもあるし、バッチリ一発というのは難しいケースもあります。

どういう風に考えてその答えなのかを論理的に分かりやすく説明ができる人は信用してもいいですが、

それができない人は要注意だと思いますよ。

竜輔

整備車両記録

2020年09月29日 | カテゴリー:車両記録

車検や整備をした車両の記録です。

 

 

 

 

BMW Z4

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

ダイハツ ムーヴ

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

ダイハツ タント

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

ダイハツ エッセ

車検整備

交換部品

 

 

 

 

 

三菱 キャンター

サーモスタット/ラジエーターキャップ交換

交換部品

 

 

 

 

 

 

トヨタ ハイエース

車検整備

交換部品

整備車両記録

2020年09月24日 | カテゴリー:車両記録

車検や整備をした車両の記録です。

 

 

ホンダ フィット

車検整備

交換部品

 

 

 

 

ダイハツ ミラ

パワーウィンドウスイッチ交換

交換部品

 

 

 

 

スズキ パレットSW

車検整備

交換部品

 

 

 

 

三菱 キャンター

車検整備

交換部品

 

 

 

 

ダイハツ コンテ

車検整備

交換部品

 

 

 

 

ダイハツ

タント

交換部品

 

 

 

 

ヤマハ FZ1

車検整備

交換部品

デジタルな整備が得意です(グラストラッカー Fi故障診断)

2020年09月23日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき…

今朝のNHKを見てたらチコちゃんで数学の勉強をする必要性はなぜ?ってネタでやってました。

何でも論理的な思考を学習するためと言ってましたが、なるほど納得です。

数学、点数はとれませんでしたが、好きだった問題が「証明問題」。

あの理屈を道筋立てて伝えることが好きで、それが今の故障探求にも生きてるなーと実感しておりました。

今の車はもちろん、バイクも電子制御が基本でしてアナログな制御ってのは少なくなってます。

なのでなおのこと論理的な思考で故障探求をしていくことが求められます。

例えばスキャンツールと言われる機会を使えば運が良ければこんな結果が出てきます。

で、この結果が出たからって安直に温度センサーを交換したらダメ野郎です。

なぜ、そのエラコードが出たのか?

ってことを追い求めないと、失敗するんですよね。

今回の場合もセンサー故障の原因がありまして、ただセンサーを交換してたら新品つけて数分でNGになっていたところでした。

アナログな時代であれば自然と結果にたどり着くまでに試行錯誤していた場合が多かったのですが、

今は自分でしようと思って試行錯誤しないと本当の意味での修理ができない時代だなっと思います。

機械への修理だけじゃなく、なんか世の中的にもそう思います。

安直に求めること、楽しいと思わされることがパッケージとして分かりやすい結果で提供されているがゆえに、

楽しいと思されるパッケージを疑わず、自分で考えず、作り出せなくなってしまい、

楽しいと思える自分の気持ちと向き合う人が減ってきてるような気がします。

人間が持ってる思考する、想像するイマジネーションの力と、大変だけど向き合ってほしいなと思います。

その先に、「自分が楽しいと」と思える生き方と出会えるはずです。

竜輔

そう簡単に部品を交換しないぞ!(ジムニー リフトアップ)

2020年09月18日 | カテゴリー:竜輔整備記録

現行ジムニーさんのリフトアップをしました。

昔からの馴染みの友人でイロイロと面白い仕事を頼んでくれることに感謝です。

部品チョイスはイロイロと使用環境やスピードレンジ、運転操作の好みを検討した結果、リフトアップ量を40mmのアピオさんのキットにしました。

現行のジムニーは前の型のJB23に比べても、デザイン的にリフトアップした時に上がった感が出るので見た目は40mmで結構イケます。

それにホイール&タイヤを大径にすればフラットダート+軽いロックなら十分。

むしろそれ以上アップすると日常の走行で安定感がどうしても失われます。

ましてや高速に乗る車がこれしかない人にはあんましリフトアップは安全上からも勧めません。

そんなもんは関係ないって人もいるでしょうが、

この使い勝手と特徴(個性)のバランスが崩れて日常にマイナスが出てくると、

知らず知らずのうちに、車への愛がダウンしていく気がするんですよね。

僕が部品チョイスをするときは、

本当にその機能が必要なのか?

本当にその機能を使いこなせるのか?

本当に後悔しないのか?

をかなり気にします。

そもそもチューニング=調律ですよ。

そんなこと言わないでいいから交換してくれって人もいますが、嫌なんですよね。

だってプロがする仕事って責任があるじゃないですか。

その責任に出来る限り、

「楽しく面白くなってもっと乗りたい」

という感情のとこまで一緒に共有したいなと。

作業したその先のことを、プロだからこそ見える視点で案内してなんぼじゃないかと思うんです。

こうやって山に通って楽しい気持ちのまま帰ってこれて初めて部品交換の意味があります。

完成は交換して引き渡したときじゃなく、

ニコニコで楽しくなったと後日言われて、初めて完成ですから。

竜輔

車検整備記録

2020年09月14日 | カテゴリー:車両記録

車検や整備をした車両の記録です。

 

 

 

スバル レガシィ

車検整備

交換部品↓

 

 

 

 

ニッサン バネット

車検整備

交換部品↓

 

 

 

 

 

三菱 ekワゴン

車検整備

交換部品↓

 

 

 

 

トヨタ ヴォクシー

車検整備

交換部品↓

 

 

 

 

 

トヨタ ウィッシュ

車検整備

交換部品↓

電動三輪バイク aidea AA-Cargo

2020年07月30日 | カテゴリー:車両記録

aideaさんというメーカーの電動三輪バイク『AA-Cargo』を納車です。
形は、ピザ屋さんのバイクみたいな感じです。が、ヤマハのE-Vinoなんかと同じく電動なので、もちろんエンジン音はなし。すーっとうごきだします…!メカメカしく、それでいておしゃれ。
これからこんな電動バイクも増えて行くでしょうね♪
AA-Cargo1 AA-Cargo2 AA-Cargo3

エンジン修理 ホンダ NS50F

2020年04月22日 | カテゴリー:竜輔整備記録

ホンダさんのNS50Fを修理しましたので、そのレポートです。

最近では市場でも希少になってきた2サイクル50ccミッション車ですね。

入庫の内容は「走行中に異音がしてエンジンがかからなくなった。キックも動かない。」というなかなかに絶望的なコメントでした。

少し詳しかったりする方ならピンとくるかと思いますが、高確率でエンジンが焼き付きを起こしているような…。

高額修理の可能性を示唆しつつ、引取へ伺いました。

まさか、こんな内容でNGになっていようとはこの時は思いませんでした。


(さらに…)

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら