BLOGブログ

カテゴリー一覧

ヤマハ YZ125 エンジン分解

2020年03月09日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき…

YAMAHA YZ125 エンジン分解しているところをYouTube動画にしてみました。

ブログにも書きますが、解説・考察も喋ってますのでお時間あれば動画もどうぞです。



お得意様からYAMAHA YZ125のエンジンオーバーホールを依頼されました。

腰下だけ分解整備を依頼されましたが、よくあるパターンです。

腰下の分解は特殊工具なしでは難しいため、腰上のピストン交換くらいは自分でするって方も持ち込まれる場合が多いですね。

さてこのエンジン、実は分解するのにとっても苦労しました。

なかなかクランクケースが割れなかったんです。

本来であれば特殊工具を使用すれば比較的すんなり割れるのですが、押しても引いてもダメ。

無理するとアルミケースは簡単に歪んだり割れたりするので根気よく少しずつ分解しました。

分解してみると、サイドベアリングが完全にケースに焼き付いてる状態。

なんでこんなことに?

ここから先は推測ですが、こんな理由が考えられます。

まずエンジンオイル(2サイクルオイル)の問題。

お客さんに聞いたところ、けっこう良いオイルを使っていました。

もしかしたら本来だったら焼き付きを起こすくらいの状況だったのが、そのオイルの力で何とか持ち、ベアリング周辺の温度が上昇しケースに焼きついたとも考えられます。

社外チャンバー使って、ビンビンに高回転使った走り方でしたので、純正オイルだったらダメになってたくらいかもです。

さらに言うと、良いオイルの中には燃焼を促進させる添加剤が入っている商品もあるそうなので、燃焼温度も上がり、さらに焼き付いた。

そのうえさらにはオーバーホールサイクルの問題。

やっぱり少しでも長く使いたい気持ちは分かりますが、伸びればそのぶん負担はかかり、これまた部品の焼き付きになります。

そんな感じの理由でこうなったのかと。

あくまで推測ですが、おおむねそうだろうというのを予測して次に生かさないとまた発生しては大変ですので。

やっぱりこういった見立てができて、やっと整備をしてるって感じですね。

分解もさることながら、こういった見立てを聞いてみると、メカとしてのスキルが分かっておもしろいですよ。

竜輔

中古車販売について思うこと(スバル サンバー)

2020年03月05日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき…

スバル サンバーさんの中古車販売をしました。

お客様がこの車が欲しいと他店在庫を指名してくださいまして、その店舗さんと交渉して譲って頂きました。

本当は自店で販売をしたほうが売上も上がるし、顧客としてその後もメンテナンス等の需要を確保しやすいので嫌がる店舗さんも多いです。

こうして譲っていただける店舗さんには感謝です。

では中古車屋さんで販売しているもの、しかも今回の場合で言うと買いにいける範囲のお店にあるのにそこで買わない理由はなんでしょうか?

お客さんのそれぞれの理由はありますが、一番多い理由で言っていただけるのが安心感です。

「やっぱりこれから乗る車を安心して乗りたいから、いつもお願いして信頼してる人にみてもらいたい」

ということを言ってくださる方もいます。

ありがたいはなしです。

また現実的にトラブル予防でご依頼される方もいらっしゃいます。

一部の中古車販売店には出来るだけ利益を確保するためにギリギリの内容の整備しかしない店舗もあります。

特に安価な価格帯の車はその傾向が強く、実際に修理に持ち込まれる車を見ても、もう少し処置を早めにしておけば安価に出来た修理もあったりします。

中古車屋さんには適正価格で良い本体を販売してもらう

整備屋さんで適切な整備を適正価格でしてもらう

そうすることで上手くやればコストも抑えながら、整備もしっかりとして安心して乗ることが出来ます。

軽研磨をしてコーティングをして仕上げました。ピカピカになり、まだまだ頑張ってくれそうです!

中古車というのは、どこまでいっても中古です。

新品ではありませんので、どんなトラブルがいつ発生するか分かりません。

新車であればメーカー保証がありますが、中古車には基本はありませんし、あっても保証がすることで少なからず販売店にとっては損失になります。

販売時に保険タイプの保証をつけるにしても掛け金分は販売価格があがってしまうため万人向けではありません。

それに保険タイプでも保険会社が、販売店の実費なら販売店が保証かどうかを判断します。

出来ることなら支払いたくない立場の人が、果たしてどこまでやってくれるでしょうか?

そうなってくると、結局は最後に頼れるかどうかは「人」だと思います。

中古を購入する場合は、何かあったときにこの人なら何とかしてくれる、この人なら大丈夫と思えるとこで買うことが幸せの秘訣かなと思います。

それと極論ですが、壊れるものくらいの心の余裕はあったほうが良いかもしれません。

良くも悪くもイロイロなモノの性能が向上してきて、それによって人間が求めるレベルも上がりすぎてしまったかもと最近思います。

何でも求めすぎると、それに答えるだけのコストがかかってきますし、それを値切れば必ず騙しにあいます。

もっと良い意味で緩く、人やモノを許容できるようになりたいもんです。

竜輔

BMW 523Dツーリング ブレーキパッド交換

2020年02月27日 | カテゴリー:竜輔整備記録

BMW 523Dツーリングさんのブレーキパッド交換とオイル交換を実施しました。

お客さんから何度洗ってもすぐにホイールがブレーキダストで真っ黒になる!とのことでダストレス系の社外ブレーキパッドに変更です。

ダストレス系は各メーカーからイロイロ出てますが私個人的には間違いないのはディクセルさんかと思います。

変更後はブレーキタッチが少々柔らかく、若干初期制動が落ちる感じはします。

が、よく言えばコントロールしやすいと表現出来るくらいなので、そこは好みと慣れの問題かと。

そしてついでにエンジンオイルも交換。

クリーンディーゼルですのでモチュール 8100X-clean+をチョイスです。

交換には診断機が必要になります。

電動パーキングブレーキを採用していますのでブレーキピストンを電気的に戻す必要があるのと、メンテナンスリセットのためですね。

今回はブレーキローターは交換しませんでしたが、次回くらいには交換必要かもしれませんね。

メーカー指定でいうと同時交換が望ましいと言われる場合もありますが、ウチはお客さんの乗り方と財布事情で検討してます。

もちろんメーカー指定で交換するのがリスクを考えると一番ですが、メーカー指定が何故そうなっいるのかまで考えて私はご案内が出来るように心がけてます。

そりゃ指定距離で問答無用で交換が一番楽チンですが、それじゃAIロボットに作業してもらってるようなもんです。

そこを考えて、その人に合った提案をするとこに人がやってる意味があるんじゃないかなと思います。

手を動かす技術力もそうですが、AIロボットに負けないために頭と口を使う技術力も鍛えていかねばと思う今日この頃です。

竜輔

ゴールドウイング サイドカー 車検

2020年02月26日 | カテゴリー:竜輔整備記録

ホンダ ゴールドウイングのサイドカー仕様を車検させてもらいました。

珍しい4人乗り仕様なのでイロイロと検査をするのに調べながらチェックです。

基本的にはバイクなんですが、サイドカーならではの機構がいくつかあります。

その一つがこちらのサイドブレーキです。

キャリパーが錆で固着してまったく動いていませんでした。

ここも根気よく何度も加熱・緩める・注油を繰り返して何とか動くように。

そして途中で千切れたサイドブレーキワイヤーはワンオフで製作します。

こういった特殊車は部品がもう手に入らない、又は入手困難な場合がほとんどです。

それを出来るだけ製作したり、代替え部品を探しながらなんとか走れるようにしています。

正直なとこ、こういった考えたり手間がかかる仕事ってのはかかる時間の割りに利益が少ない場合が多いです。

考えたり悩んだり、トライ&エラーを繰り返した時間を請求できれば別なんでしょうが、そんなことしたら半端ない金額になっちゃうからです。

そのため半分は趣味でやってるくらいの感覚やお客さんと信頼関係が築かれていないと、こういった読めない仕事は請求しにくかったり行き違いのトラブルが発生したりするのであまりやりたがる店は少なくなってきてるなと。

でも個人的にはこういったお客さんに分かりにくいことを、いかに伝えてお互いの求めるポイントを擦り合わせるかが本来の仕事の姿だと思います。

なので今後もこういった仕事は出来うる限り受けて、楽しい乗り物ライフの手助けをしていきたいです。

竜輔

マツダ CX-5 バッテリー交換

2020年02月25日 | カテゴリー:竜輔整備記録

マツダCX-5さんのバッテリー交換を実施しました。

最近の車はアイドリングストップ(マツダ名はi-stop)が付いてたり、充電の制御を細かくやって少しでも燃費を稼ごうって方向なので必然的にバッテリーへの負担は大きくなっています。

今回のこの車もメーター内のi-stopランプが点灯したとのことで入庫しました。

最近の車はいろんな状況を常に監視しているので、何かあるとすぐに警告灯や案内文がメーター内に表示されることが多いですね。

理由が分かれば良いですが、最初はビックリする方も多いのではないでしょうか。

バッテリーの交換自体はエンジンルームの分かりやすい位置にあるので難しくありません。

けど前にも書いてますが、最近の車はいろんな状況を常に監視、学習しているため

コンピューターへ「バッテリーの交換をしたよ」という学習をさせてあげる必要があります。

車種によって診断機を接続して学習させたり、手動だったり方法はまちまちです。

マツダのバッテリー状態の初期設定(i-stop設定)はこんな感じ。

なんだか昔のゲームに裏技コマンドいれるみたいな指令ですね。

ここをしっかりと実施しないとランプが消えなかったり、アイドリングストップしなかったりします。

ご自身で交換される場合は気を付けてくださいね。

我々も常に新しいことをこうやって勉強しながら作業させて貰ってます。

ちょっとしたトラブルでも常に学習してるとこでないと、これからは一般的なことさえ出来なくなるかもしれません。

そこをしっかりやれるかは店の大きさやディーラーであるはあんまり関係なく、結局は整備士の心意気なんでしょうね。

整備士やってる限り、ボケないだろうなと思う今日この頃です。

竜輔

BMW Z4 エンジンオイル交換

2020年02月21日 | カテゴリー:竜輔整備記録

BMW Z4さんのエンジンオイル交換をしました。

中古で販売させて頂いて、そこから車検・メンテナンスをさせて貰ってます。

今日はオイル交換で入庫されました。

やっぱりシルキーシックスと言われる直列6気筒エンジンはいいですね。スペックや効率を考えたら直4orV6なのでしょうが、フィールはやっぱり直6です。

ウチではいつも外車系のオイル交換の時にはモチュールのエンジンオイルを使用しています。

中でも今回はスタンダードなこれ。

MOTUL 8100 X-CESS 5W-40

ヨーロッパメーカーの純正オイル規格の承認もとっており、安心して使用できます。

今回のBMWだとLL-01の承認になります。

ロングドレンインターバル(長いオイル交換サイクル)にも対応してます。

そしてやっぱりモチュールならではの信頼感と性能でしょう。

オイル交換後はインフォメーターでオイル油量の確認をして、サービスリセットもかけて作業完了です。

外車の修理もご相談くださいね☺️

竜輔

BMW 320クーペ 水漏れ修理

2020年02月19日 | カテゴリー:竜輔整備記録

BMWの320クーペ(E92)の水漏れ修理です。

とっても綺麗なクーペスタイルですね。

中身はよくある4気筒のN46エンジンです。

こちらのホース取り付け部分のプラスチックにクラックが入っての水漏れです。

外車はエンジンの水回りにプラスチックが日本車より積極的に使用されており、経年劣化でダメになりやすい印象です。

定期交換部品といっちゃそれまでですし、海外よりも圧倒的に温度変化の回数が多いのも原因の一旦かなとも思います。

取り外した部品です。

ついでにエンジンヘッドについてるVANOS(可変バルブタイミング)のソレノイドからもオイル漏れしてたのでついでに修復しときます。

昔、ソレノイドのストッパーを逆につけてしまってオイル漏れ、アイドル不調になった車があったことを思い出します。

イロイロと手直しをしてる車になりますが、やっぱり体感的に5年、7万km超えたあたりからトラブルが増えてくる印象ですね。

新車のうちのクオリティは目覚ましく進化してるなと思いますが、

年数たったり、距離走ったときの消耗品や定期交換部品、故障箇所はまだまだ国産と比べるとコストがかかる感じはします。

新車から2回目の車検までは保証もありますので購入ディーラーさんでメンテナンスされるのも良いと思います。

むしろせっかく高い金額だして車を買ってるんだから、バンバン不良箇所や気になるとこは無償で直してもらえる交渉をしてください。

そして5年の保証が終わってからは、どこで見ても有償での修理は変わりませんので社外品や修理方法などを柔軟に対応してくれる整備工場を見つけるのがコスト安く、安心して外車と長く付き合うコツです。

外車、国産問わずですが、メーカー保証期間が終わった車と上手に付き合いたい方は車検・修理のご依頼お待ちしています。

竜輔

アウディ A5 ドアミラー交換

2020年02月19日 | カテゴリー:竜輔整備記録

アウディのA5さんのドアミラー交換を実施しました。

こういう4ドアクーペスタイルで綺麗な感じに見えるのデザインが出来るのが、ヨーロピアンな感じだなって思います。

さてドアミラーですが、鏡の部分だけペロリと剥がれて落ちています。

外車あるあるな壊れかたです。

接着剤の問題なのか、特にミラーヒーターが付いてる車種は熱の影響もあってかポロっと剥がれてしまうことがあります。

外したミラーの裏側見ても明らかに熱線の影響が分かる模様になってますね。

取り外しは少しコツが必要ですが、問題なく交換可能です。

ミラーヒーター付きなのでそれなりの値段はしますが、本国からの運賃も考えれば妥当な値段かなと。

こんな感じで外車さんも割りと細かい修理から車検まで面倒みさせて貰ってます。

何かお困りの時はお声かけください。

竜輔

ホンダ CB400 オイルフィルター交換

2020年02月17日 | カテゴリー:竜輔のつぶやき…

ホンダのCB400さん、オイルとオイルフィルター交換をしました。

いわゆるヨンフォアと言われる、初期モデルですね。

比較的まだ純正部品が手に入りやすいのと、社外品もいっぱいあるため維持は比較的しやすいです。

自分の覚え書きとして、パーツリストを品番が見れるように残しておきます。

注:オイルフィルターを頼むと品番統合があり、Oリング付きできます。

竜輔

子供用 お散歩カート(避難車)修理

2020年02月17日 | カテゴリー:竜輔整備記録

保育所さんより依頼を受けまして、子供さん用のお散歩カート(避難車)の修理をしました。

とりあえずタイヤがついてたり、乗り物である場合は出来る作業はさせて貰ってます。

今回はタイヤのパンク修理でのご依頼でした。

いざ引き取りに伺ってみると、タイヤが古くなっていたため交換で作業させて頂きました。

これでお散歩や、万が一の避難で活用していただけるかと思います。

どこに頼めば?と悩まれたら、とりあえずご一報お待ちしています。

ウチで出来なくても、ご案内もしてますのでお気軽にどうぞ。

竜輔

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら