通学用自転車について

大林モータースで通学自転車を購入された方に特典あり!

高い自転車って本当に良いの?

高い?安い? 通学用自転車を中学通学用に購入する場合、丈夫な自転車であれば高校卒業までの6年間、大切に使えばそれ以上使用することができます。
有名メーカーの人気通学車は6万円以上もするので、「こんなに高価な自転車が、本当に必要なの?」と考える方も多いと思います。
確かに高価です。6万円もあれば色々なものが買えるし、もう少し頑張れば電動自転車にも手が届くほどです。
それでも、6年間使った後の感想としては「結果的には安かった」ということをよく耳にします。安い自転車を買って「修理を重ねていくらかかったか分からない」と言う人もいますし、そのような自転車は結局、高校進学の時には買い換えることが多いようです。
通学となると長期間、毎日のように乗るわけですから、高くても最初に丈夫なものを買っておいた方が余計な修理代もかからず、結果的に安く済む場合が少なくないのです。
空気を入れるなどのメンテナンスさえしっかりしていれば、6年間修理せずに乗れたばかりか大学生になっても乗られる方も多いですし、本人が乗らなくなった後に他の家族が乗っている場合も多くあります。

安価なものと丈夫なもの、両方使った方がその違いを一番よく知っています。粗悪な自転車は修理代がかかるばかりではなく、良い状態で乗れる期間が短いので安全面でも心配があります。
人間が乗って走るものですから、安全が一番のはずですよね。

通学におすすめの自転車とその理由

通学におすすめの自転車はどれですか?と聞かれれば、いわゆるママチャリなどではなく、やはり有名メーカーの通学用自転車、特にチェーンではなくベルト駆動のがおすすめです。
理由は、毎日の通学で使用するにあたりほとんどメンテナンスをしなくても通学に使える丈夫さがあるからです。
丈夫なので重量はそこそこあります。リムも、アルミのほうが軽いけれどステンレスのほうが丈夫なのでステンレスを使っています。(※ホームセンターなどにある量販系のアルベルトはアルミを使っています。)
そのため、乗リ心地が軽いかと言われれば決して軽いわけではありません。それでも毎日の通学には丈夫なものがいいはずです。

良いメーカーが通学用に考えて作った自転車は、通学に使用するという想定で各パーツの耐久性や安全性を考え抜いて作っているので、通学に使わない方にとってはかえって過剰装備となります。

例えば、F1等のレース用の車は速く走ることが目的で作られた車です。走る、止まる、曲がることでは負けません。
しかし、一般公道で走ったら軽自動車にも負けてしまいます。段差があれば走れない。雨の日は濡れる、荷物も詰めないし、一人しか乗れません。何より普通の人じゃ真っ直ぐも走れないでしょうし、スタートだってできません。毎日のように整備しないといけないし、部品だって目玉が飛び出るほど高い。

何事も適材適所。たまにすぐそこのバス停まで行くためだけに8段階の変速ギヤは不要ですし、学生さんがある程度距離のある道のりを毎日通うのには、耐久性と使い勝手の良さが必須です。

量販店では安いものは1万円からありますが、通学用に使う場合、結局は3万円前後の自転車を購入されることが多いと思います。実はこの価格帯の物を量販店で購入されるのが一番損だと思います。なぜなら、自転車本体のベースが一番安いものとほとんど変わらないからです。
アルベルトであればライトも明るいし、ベルトはチェーンのように伸びないので調整しなくてもいい。タイヤも長寿命でチューブも分厚いのでパンクもしにくい。結果的に修理費用も少なく済むため、安い自転車より経済的でもあります。
丈夫だからといって、どんな人にも通学用の自転車が良い訳ではありません。
通学用には通学用の、普段使いには普段使い用のおススメがあるのには、ちゃんと理由があるのです。

通学用自転車の購入時期について

自転車は通常通年販売されていますが、限定生産の物もあります。
例えば通学用の自転車として人気のブリヂストンのアルベルトシリーズの中でも、アルベルトロイヤルは春だけの限定生産です。また通学仕様のお買い得な限定生産モデルも販売されます。
通学用自転車でも、比較的高額な物は入学シーズン前までに集中して販売され、4月以降は販売台数が激減します。
これは勉強机やランドセルなどと同じで、進学に向けた必需品として入学前に購入されることが多いからです。
売れる時期には、近くの学校の合格発表や周知会の時期なんかも関係してきます。
また、通学用自転車は地域によって売れるものにすごく違いがあり、『海が近い地域では錆びに強い自転車』とか、『この地域ではこういうタイプのものが流行っている』など、人気のものは早いうちでなければ在庫の確保が難しくなります。
ということで、人気車や良いものほど早くなくなってしまいます。
毎年3月初旬には、モノによって、間に合わなくなるものが出てきます
もちろんメーカーも販売状況を見ながら生産をしていますし、販売店によっては在庫を確保していることもありますが、購入するなら色やサイズ、車種を自由に選べるように、早い時期(当店の場合は12月の広告配布以降) がお勧めです。

通学自転車を選ぶにあたって・・・

通学自転車は毎日使うものなので、安全で丈夫な自転車が安心です。
定期的にメンテナンスができれば良いですが、なかなかできませんよね?
「安いものを何回も買い換えればいい」という方もいますが、現実的にはガタが出るのが本当に早いので、その都度修理したり買い替えたりもできず、そのまま乗り続けてしまうことが多いようです。
ではどんなものが良いのか、具体的に挙げてみます。

*下記をクリックすると、詳細が表示されます。

  • フレーム
    丈夫なフレームは、ペダルを漕ぐ力がかかった時にもよじれないので力が逃げません。そのため乗った時にも楽で快適です。
    しかし、中には乗っているだけで曲がったり折れたりしてしまうような粗悪品のフレームもあり、これは重大事故や命の危険にも繋がります。
    フレームは形が同じだとみんな同じように見えるので、見た目だけで良いものか粗悪品か判断するのは難しい部分でもあります。このような部分に関しては特に、見た目にわからない場所だからと言って手を抜かない、信頼ある大手メーカーのものがまず安心です。
  • ライト
    ライトは自分が見るためだけではなく、『見つけてもらうため』にも点灯しなければいけません。しかし、通常のダイナモ式のライトは点灯すると重くなるので、つけない人も多いのです。
    特に冬の間は日が短く暗くなるのが早いため、黒い学生服を着た中高生は車からはとても見えにくく危険です。
    前輪のハブにダイナモが付いたオートライト式のものは、薄暗くなると自動で点灯するので安心です。点灯しても重くもなりません。最近はLEDの白い光の明るいものがありますので目立ちます。
  • リム
    通学にはアルミのリムよりもステンレスのほうが丈夫で綺麗です。アルミリムは軽いので乗り心地も軽いのですが、特に安物のアルミリムはぶつかるとすぐに曲がってしまいます。ステンレスでも酷くぶつかれば曲がりますが、曲がり方の度合いが違います。また、アルミは水をつけて擦ると水が黒くなりますよね?アルミリムでも質のいいものは丈夫でそれほど汚れることもありませんが、安物は前輪のブレーキ周りが、真っ黒になります。これが学生服に付くとなかなか厄介です。
  • タイヤ
    タイヤは種類によって寿命が驚くほど違います。パンクの修理をしているとよく分かるのですが「なんじゃこりゃ!」と思うほど薄いタイヤやチューブがあります。薄い上に材質がゴムというよりプラスチックに近いものもあります。粗悪品と良品とでは5倍以上の寿命の差はあると思います。チューブの厚さも違います。チューブが良いと空気の抜け方も少ないので、パンクもしにくくなるのです。
  • 「高い自転車を買って盗まれたら・・・」という方がいますが、良い自転車には丈夫な錠が付いているのでそんなに簡単には壊せません。むしろ安い自転車の錠は、盗むような人にとっては付いていないのも同じようなものです。
    2年、3年の盗難補償をメーカーが付けている自転車は、メーカーもそれだけ盗られる確立が少ないから付けているのであって、錠さえかけていれば盗難率は非常に低いのです。
    コンビニなどで「すぐだから」と錠をしないのは危険です。それを狙っている人がいるので気をつけてください。
  • 反射鏡
    ライトと同じで反射鏡も、ただついているだけではなく暗い夜道で目立たないといけません。
    自分は車がいるのはわかっていても、車からは見えていないことはよくあります。車を運転している人なら、一度はドキッとした経験があるのではないでしょうか。
    ペダルやリムのスポークなどに反射鏡が付いていると、それだけ目立ちます。暗くなると自動点滅するテールランプであれば、さらに目立つのでより安全といえるでしょう。
  • チェーン
    通学用の自転車にはベルトドライブのものが人気です。ベルトというと弱くて切れてしまいそうなイメージがあるかもしれませんが、『伸び』に対してチェーンの3倍強いので、緩んで外れることもなく、ガチャガチャとした音もしないため、通学には強い見方です。
  • 変速
    自転車通学は、通常ある程度自宅から遠い人が多いので、変速ギヤが付いたものが楽です。
    内装8段は少々高価ですが、特に高校が遠くて自転車で通う元気で力の強い男の子などには、変速のギヤ比が幅広いので快適だと思います。

以上を踏まえて通学車を選ぶ参考にしてみてください。
デザインもカラーも色々とありますが、何より、安全であることを一番に考えて選んでいただきたいです。

有名メーカーであれば安心?

どんな乗り方をしたらこんなに壊れるのだろうと、疑問に思うような乗り方をする人がいます。安い自転車だったら半年でダメになるのではないかと思います。
もちろん、高い安いにかかわらず大切に乗ってほしいと思います。しかし、もともとが丈夫なものでなければ、雑に扱った時の影響はより如実に現れます。
他でも書いていますが通学に使う場合、リムはステンレスがオススメです。スポーツ車はアルミなどの軽い素材が使われますが、通学はとにかく丈夫さが重要です。特にアルミリムは強度がステンレスに比べて弱い分、スポークに負担がかかります。負担がかかりやすいので折れやすい。折れるからリムが曲がる。曲がるから、またスポークが折れる。
特に男の子は力も強いし体重もありますから、丈夫過ぎるくらいで丁度良いくらいです。

量販店などで売られている安い自転車はアルミリムが多く、大手メーカーであるブリヂストンのアルベルトシリーズでも、量販店仕様である「アルベルトファイン」というものはアルミリムです。ステンレスと色が違うので見れば分かりますが、気にして見ないと気が付かないでしょう。通常のアルベルトと比べてタイヤも違います。
大手メーカーでさえ、販売店や価格などに合わせて素材を変えたりしているんですね。有名であれば何でもいいかというと、一概にそうとも言えないのです。

良い物とそうでないものを並べてみると、普段見慣れていない人でも質感が明らかに違うので分かりますが、別々に見るとなかなか違いが分からないものです。
そもそも販売員が分かっていない場合も多いので、修理もしているような、経験で知っている人に聞くのがやはり一番的確だと思います。

専門店と量販店

自転車に限らず、『専門店』って、量販店やチェーン店と比べて入りにくいイメージがないですか?「なんだか高そうだ」「売りつけられてしまうのではないか」なんて考えてしまいますよね。
でも、その地域でずっと商売しているということは、多くの人に支持されているはずですし、お店の人たちとしても、地域に根付いていればいるほど、変な商売をすれば続けられなくなってしまいますから、「買ってよかった」と思われるようなものを勧めるはずなのです。

最近は大型の自転車チェーン店が増えてきました。この量販店は販売台数が多いので、仕入れ価格も安く、結果的に販売価格も安いのだろう・・・と言うのが誰もが思うことです。
確かに、販売台数によって仕入れ価格が変わることはあります。が、一般的に多くの方は、違う自転車を見て比較をしている場合が多いようです。
例えば同じ有名メーカーを比較しているつもりでも、量販店には量販店用に安価な素材で(例えば同じアルベルトのシリーズでも、アルベルトファインというように名前を少しだけ変えたりして)卸していたりします。
何が言いたいのかというと、意外に思われるかもしれませんが、特にブリヂストンなどの有名メーカー車は同一の商品を比べれば、大型量販店よりも普通の自転車屋さんのほうが安かったりするのです。
なぜなら、量販店で売っている自転車の多くは自社のオリジナルなので利益率の大きい物が多いけれど、メーカー車は販売しても利益率が少ないのでそれほど売る気もなく、あまり値引きなどはしていない場合が多いからです。

最近では量販店の台頭により専門店が少なくなってきていますが、本当に「コレ!」と言ったものを買う場合には、専門店がとても頼りになるはずです。また困ったとき、故障したときなどの万が一のときに頼りになって小回りの効くところというと、やはり専門店だと思います。

見ただけではわからないと思いますが、びっくりするほど弱い自転車は世の中にいっぱいあります。毎日修理していると「ここの部品が、こうするとこういう壊れ方をする」と言うのが分かります。販売だけをしている店は、そこが分かる人がいないのではないかと思います。ブレーキはこれがいいとか、リムはステンレスがいいとか、タイヤはこれだと何倍も寿命があるとか・・・。

買うのはチェーン店。修理は専門店でもいいでしょう。「どこで買ったものでも修理します」という お店がほとんどだと思いますが、正直な話「うちの店で買ってもらった物」には特別な思い入れがあるはずです。
毎日使って自転車を酷使する通学自転車などは、長く付き合えるお店を選びましょう。きっと困ったときにはすぐに相談に乗ってくれるはずです。

量販店と街の自転車屋さんの決定的な違いは、『販売するのが最終目的ではなく、これからもずっとお付き合いしていく』ということなので、その場限りで変なものは売れない、という気持ちをいつも持っているのが街の自転車屋のいいところだと思っています。

自転車安全ガイド
自転車安全ガイドを無料プレゼント!

点検ポイントを写真付きで説明。正しい知識で快適に自転車に乗ろう!

ダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら